競馬アワーブラッド~競馬情報まとめブログ

競馬情報の総合まとめブログです。特にキャロットクラブの馬や過去の名馬、レースの語りも多く取り上げています。

    2018年05月

      1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/05/30(水) 23:41:07.15 ID:iTixE7AA0
    “ダービージョッキー”福永祐一誕生のほんの少し前のことだ。
    競馬場にヤジはつきものとはいえ、いまだに…と思わずにはいられない痛烈なヤジを浴びたという。

    「パドックで“親の七光!”って言われてね。一応、ボクは2000勝してるのに…。
    そもそも“七光って何十年、効果あんねん!”って…。自分でも笑けてきましたよ」 
      
     これが「2世」のつらさ。父親の名が偉大過ぎると、単に数字で追い抜くだけでは世間は「父を超えた」と見なさないのか、それとも絶頂期にターフを去った喪失感がそうさせるのか…。

     天才ジョッキーと呼ばれた父・福永洋一はJRA通算983勝を挙げ、GI級9勝、重賞49勝。
    1970~78年に9年連続で全国リーディングに輝いたが、79年3月の落馬事故で重度の脳挫傷を負い、引退を余儀なくされた。

     一方、「2世」福永祐一はGI・21勝、重賞128勝、武豊に次ぐ史上2番目のスピードで通算2000勝達成という「父超え」の実績を挙げながらも、
    口さがないファンから“コネナガ”呼ばわりされる現実がある。それは福永家の悲願だったダービーを制した後でも、一変することはないのかも…。

    「ナメるなって思いますけどね。ボクを、ではなく、この世界を。
    コネだけで勝てる甘い世界じゃないのに…。
    ホント、ボクのことを認めたくない人がいると思うしかないのかな」 
      
    とかく叩かれやすい男だが、心ない暴言に時にやるせない表情を見せつつも、流せる懐の深さもまた一流である。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000073-tospoweb-horse


    【ダービ-勝った福永さんが天狗になってきてる件】の続きを読む

    このページのトップヘ